• 「しす本出ます」-日経平均動かす男と豪語のデイトレーダーが書籍
  • 著名投資家のcis氏、「日経先物びびって買い戻し」
  • ソフトバンクグループに売りかさむ、1万円大台割れで思惑錯綜◇
  • 「バクモン学園!!住んでみた。」でcisが一瞬だけ紹介される
  • 日銀ETF買い入れの出口戦略から考えた投資法とは?
  • ビットコイン20%急落、1万5000ドル台に押された理由は?
  • ソニーが7日続伸、目を見張る収益成長に著名個人投資家からも熱視線
  • すくむ個人、株高誘発 逆張り不発、マインド変更も
  • 「殿様イナゴ」を見逃すな―CISやウルフが株価動かす
  • ソフトバンクが一段高、カリスマ投資家参戦も背景に商い高水準でAI人気先導

ブルームバーグ

国内で最も知名度のあるデイトレーダー、cis(しす)氏が12月に書籍を出版する。同氏がツイッターアカウントでつぶやいた。

本のタイトルは「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」(KADOKAWA)。内容紹介には2018年11月現在で約230億円に上る資産を稼いだ「勝負勘の源泉」を披露するとある。

続きを読む

みんなの株式

市場では「海外筋とみられる売りが観測されるなか、これに買い向かう主体がみられず、ずるずると下値を切り下げている状況。今日前引け後に、著名投資家がツイッターで同社株を外したことを公表、個人投資家の短期資金がこれに追随する動きをみせた」(国内ネット証券)という。

続きを読む

仮想通貨ブームもあり、いま何かと話題の個人投資! 世の中には「デイトレーダー」と呼ばれる、個人投資で生計を立てている人がいる。そこで今回は、1クリックで大金を動かすデイトレーダーと住んでみた。リアルな取引の現場に密着! その衝撃の生活を徹底調査!!

2018年2月27日(火) 00:15~00:45 テレビ朝日
【レギュラー出演】 田中裕二(爆笑問題) , 太田光(爆笑問題) , 田中萌
【その他】 八木真澄(サバンナ) , 高橋茂雄(サバンナ) , 亜生(ミキ) , 昴生(ミキ) , 吉間洋平(ペンギンズ) , ナオ(ペンギンズ) , 村上直樹

続きを読む

ハーバー・ビジネス・オンライン

そんななか、もっとも有名な個人投資家の一人、210億円トレーダーのcis氏は、日銀が購入したETFの出口戦略についてツイートした。ETFを解体し、構成銘柄の各企業が日銀から直接自社株買いをできるようすれば、株主、日銀、企業、日経平均のいずれにもメリットがあるという妙案だ。このツイートをきっかけに、日銀ETF爆買いの出口戦略にも注目が集まるようになったのだ。

続きを読む

ソウル=ニュース1

加えて、日本で伝説的な仮想通貨の投資家がビットコインをすべて処分したというニュースも下落に影響を与えるものと分析される。

日本人は世界中ビットコイン取引量の30〜50%を占めると推定される。日本人が追従している「Cis」と呼ばれるオンライントレーダーが、自分が持っていたビットコイン1億8600万ドル(2011億円)分をすべて処分したと発表した。

彼は自分のTwitterを使って"ビットコインなど保有していたすべての仮想通貨を処分した」と明らかにした。

続きを読む

日本経済新聞

無論、利益をあげたトレーダーもいる。著名個人投資家「cis」氏は23日、ツイッターで日経平均と逆に2倍動く「ダブルインバース」と呼ばれるETFを信用売りし、レバETFを信用買いするという、強烈な順張り投資を明らかにした。

続きを読む

株経ONLINE

また、ソフトバンクの株価は後場に入り、やや伸び悩んでいるものの、前場は一貫して水準を切り上げ異彩を放った。これについては「大口のカリスマ的個人投資家の参戦がいわれている。アルゴリズム売買に邪魔されて指値で拾うことが難しいなか、強引に買いを入れたとも伝わっており、これが人気に拍車をかけた」(同)という。

続きを読む
↑このページのトップヘ